100年以上前に研究されていた電子育毛機器、当時は安全性と効果が眉唾物だと言われ商品化されませんでした。その後も開発は進んでいませんでしたが、最近アメリカのHairCell社が、”Tesla Brush”と名付けた電子育毛機器の発売を開始。話題を呼んでいます。

Tesla Brush
Source:https://www.newhairnewme.com/

実はTesla Brushという名前を最初に聞いた時、電気自動車会社のTeslaからもじって名前を付けたのかと思い、商品にまったく興味がわきませんでした。ところが調べてみるとこの名前、発明家であり科学者である二コラ・テスラ(Nikola Tesla)から取ったものだとわかりました。

さらに自動車会社のTeslaも、二コラ・テスラへのオマージュから社名を付けたことも判明。世界で一番注目されている自動車会社の名前になるほど偉大なテスラも、実は育毛機器を開発していたのです。

悲劇の発明家二コラ・テスラ

Nikola Tesla
Source:https://www.energy.gov/

二コラ・テスラはエジソンと同時期に活躍した発明家であるのに、エジソンに比べると日本ではあまり知られていません。歴史に残る発明を多数残したにもかかわらず、晩年は精神障害に苦しみ経済的にも困窮した悲劇の発明家です。

テスラは1856年にオーストリアで生まれたセルビア人、後にアメリカ国籍を取得しました。電気の交流(AC)方式を発明した人として知られています。片や直流(DC)方式を発明したのはエジソン。この二人の間での論争は、“電流戦争”とまで呼ばれ、ライバル関係でした。皮肉なことに現在圧倒的に用いられているのは、テスラの発明した交流方式です。

テスラは1884年に渡米しエジソン電灯会社に採用されます。同社では直流による電力事業を行っていたのに、テスラは交流を推奨しエジソンと対立。1年ほどで失職してしまいました。この時給料の未払いがあったとも伝えられています。

1887年に自分の会社テスラ電灯会社を設立し、念願の交流(同年に特許を取得)による電力事業に参入。その後も高圧変圧器、無線送信機、点火プラグ、蛍光灯など後世に残るものを次々に発明しました。

ところが晩年は、テスラ以上の神童といわれた兄が亡くなった5歳当時からの精神障害に悩まされ、経済的にも逼迫してしまったのです。それを聞きつけた米国電気工学協会から1916年にエジソン勲章受賞を伝えられたものの、テスラは辞退。その時に自分の功績を今まで認めなかった協会員に、痛烈な批判のコメントを送っています(翌年に再考の末受け取る)。

さらに悲劇的なことに、第二次世界大戦中にテスラの発明品や設計図がFBIに没収され、失意のうちに1943年に死去しました(テスラの出身国オーストリアは中立国だったものの、ドイツ人が多数いることから敵国とみなされていた)。

19世紀に開発された電気治療機器

19世紀電気治療機器
Source:https://en.wikipedia.org/

今では主に痛みの治療に使われている電気治療機器、その登場は19世紀後半です。本格的に医療分野で開発を進めたのはテスラだと言われています。ただ当時の人々は効果に疑問を持ち、一般には広がりませんでした。

その後痛みに関しては電気治療機器の効果と安全性が認められ、現在でも使われているのは周知の通りですが、育毛に関しては科学的根拠がないと言われていました。

ベンチャー投資企業 電気育毛機器を開発

残念ながらエビデンスの乏しさから、電気を育毛に使う研究は長年停滞していました。ところが最近北カリフォルニア州にあるベンチャー企業が、この分野に参入してきて話題になっているのです。

Leonhardtは再生医療に特化した投資会社で、ポートフォリオの一つに電気を使った育毛機器の開発会社、HairCellが含まれています。HairCell社は3種類の育毛法を開発し、臨床試験が進んでいるようです。

1.  医療クリニックで下の機器を使い頭皮に刺激を与え、家庭でTesla Brush(ページトップ)を使用

Haircell社増毛システム1
Source:https://haircellstim.com/

2.  1.に加え下の機器を使いアミノ酸と場合によりPRP(自己多血小板血漿:組織再生を促す)を患部に注入

Haircell社増毛システム2
Source:https://haircellstim.com/

3.  1.と2.に加え幹細胞などの物質を注入

今回発売されたのが、1.で使用するTesla Brush。2012年には販売許可を得たようですが、ウェブサイトを立ち上げアメリカで一般的に購入できるようになったのは最近のこと。HairCell社によると「Tesla Brush単独の使用でも効果が期待できる」そうです。

Tesla Brush単独のウェブサイトで現在236ドルで売られていて、臨床試験の結果の画像も公開しています。

Tesla Brush 臨床試験結果
Source:http://www.folliclethought.com/

まとめ

19世紀には発明されていた電気治療機器を、本格的に医療分野へ持ち込んだ二コラ・テスラ。育毛効果を証明できなかった時から100年以上を経て、HairCell社がTesla Brushを開発。当時の技術をほぼ継承していることから、Teslaの名前が付けられました。

偉大な発明家にちなんだこの電気治療器。FDA(アメリカ食品医薬品局)の認証を経た後、昨年臨床試験の結果を公表してその信ぴょう性を疑う人がやっといなくなりました。