集客に困ってるクリニックは「Googleマイビジネス」に登録しよう。アンドロイドの仕組みを理解すれば地域キーワードの独占も可能
この記事に書いてある事
  • 医院のホームページ(HP)がないのは携帯電話を持っていないのと同じ
  • デザインが綺麗なHPより「MSP」が詰まった汚いHPのほうが集客に寄与する
  • SNSは思ったより集客に寄与しないので手を出さなくてもOK
  • 地域での集客には「Googleマイビジネス」への登録が必須
  • 地域医療に貢献しているクリニック限定で完全無料で集客のやり方を教えます

泉 南こんばんは。当ブログkaminoke.love(カミノケドットラブ)のナース役で、司会進行を務めさせていただく泉です。

今回の記事は、医療関係者向けの記事です。

髪の毛のことで悩まれている方は対象外の内容ですが、この記事内で紹介する「Googleマイビジネス」は、飲食店やサロン、グッズ販売店などの店舗経営者にとって有益な情報になっています。店舗を持っていないサラリーマンの方でもGoogleマイビジネスを理解していると、いろいろなビジネスアイデアが出て上司からの評価もあがってくるでしょう。

アイデアが出るところ

いつもの姫野先生ではなく、「プロ患者」としてたまに登場してもらっている大原さんに店舗集客のノウハウを解説してもらいます。是非最後まで読んでみてください。

医院のホームページ(HP)がないのは携帯電話を持っていないのと同じ

ナース泉ナース泉

大原さんはネットビジネスが本業ですよね?その大原さんからみてクリニックのホームページの重要度はどれくらいのものでしょうか?

プロ患者大原さんプロ患者大原さん

ないと話になりません。口コミだけで繁盛しているクリニックもありますが超レアケースです。

大原説明
あまり字数を割くつもりはないので、「人は殺してはいけない」と同等の意味があると思ってください。

クリニックや病院に患者さんを集客するうえで、ホームページがないとどうにもなりません。ないなら今すぐ作ることを検討してみてください。

ホームページ制作

記事の後半で解説しますが、お金をかけなくても最低限のホームページならGoogleマイビジネスを使えば全て無料で簡単に作れます。がんばりましょう。

IoT(アイオーティー。Internet of Thingsの略)という言葉を見かける機会が増えてきています。従来はネットはネットの中だけで完結していたのが、これから5年も経たないうちに、インターネットは多くの物(Things)と接続されていくのです。

IoT

医療現場においても同じで、インターネットはクリニック内の多くの医療器具と繋がり、それにより人件費が削減できたり、医療サービスを充実させたりできるようになる時代が本当にすぐそこまで来ています。

AI(人工知能)の進化のスピードはすさまじく、特にクリニックにおける診察業務は近い将来AIに取って代わられるでしょう。すでにアメリカの内科クリニックはそうなっています。

医師の経験は、その医師一人の経験でしかありません。ところがAIは世界中何百万人もいる医師の経験が詰まっていて、スマートグラスを通して診察すれば瞬時に患者の病気の原因が分かります。

時代に流れには逆らえないし、すでにAIのクリニックへの導入はアメリカを中心にものすごいスピードで導入されているのです。

AIによる診察

クリニックの公式ホームページは、このような時代において「携帯電話」と同じ。高性能なスマホまでは必要なくても、最低限ガラケーくらいは持っていないと連絡がつかないのと同じです。

クリニックの公式ホームページがないと、誰もあなたのクリニックを見つけてくれません。もしあなたが仮に世界的名医と同等の実力を持っていたとしてもです。経営が傾く前に必ずホームページを作るようにしてください。

デザインが綺麗なHPより「MSP」が詰まった汚いHPのほうが集客に寄与する

ナース泉ナース泉

ホームページを業者に発注すると高額の費用を請求されると聞いています。クリニックのホームページはデザインが大事なのでしょうか?

プロ患者大原さんプロ患者大原さん

最低限のものはクリアしておいた方がよくても、デザインは重要ではありません。大事なのは発信している中身です。

大原説明
AGAクリニックのホームページで集客の邪魔になっているのは過度な演出です。

適度に綺麗なデザインなら問題ありませんが、

こんなのとか、
腕組みする男性医師

こんなのが出てきたら、あなたのクリニックホームページへの訪問者は逃げていきます。
ガッツポーズをする男性医師

大事なのは素材

非常に有名なあるプロのシェフに伺った話ですが、どんなに腕が良くても、素材が悪ければ美味しい料理は作れないし、腕が悪くても素材が良ければ料理がおいしくなると言っていました。

ミシュランガイドに掲載されるようなレストランのオーナーシェフは、自らの料理の腕を磨くこと以上に、おいしい素材を探して日本中を旅していたりします。

新鮮な魚介類

それと同じで、どんなに見栄えの良い綺麗なホームページであったとしても、「メソセラピーが」とか「オリジナル治療薬が」などと患者をだますようなことを書いていると、お客さん(患者さん)は逃げていきます。

大切なのは中身です。

患者ファーストで、地域医療のために身を尽くしているなら、その想いを言葉に出して記事にし、患者さんが悩んでいる症状に対するピンポイントの解決法をホームページでオープンに情報発信していけば、広告など打たなくても自然に患者さんが集まってきます。

このブログ(kaminoke.love)がまさにそうです。他の記事を読んでいただければ分かるとおり、表に絶対に出ないような医療の裏側までしっかりと情報公開してユーザーが求める答えを先に提示しているからこそ、何十万何百万もの人が閲覧してくれているのです。

見てのとおり、デザインにはまったく凝っていません。wordpressという無料のプラットフォームを使い、デザインは超シンプル。これでいいんです。

wordpress

大事なのは外見ではなく中身。無料で作れるホームページ作成サービスでも十分に集客はできるので、50万とか100万円を払ってホームページを作成する必要はありません。ホームページ作成業者にだまされないようにしてください。

USPからMSPの時代へ

集客やマーケティングのことをかじったことがある方ならユニークセリングプロポジション(USP)という言葉を聞いたことがあるでしょう。

「クリニックにどのような独自性があって具体的にどう他院と差別化してるのか」

というのがクリニックの文脈におけるUSPです。残念ながらモノやサービスをアピールするUSPの時代はもうとっくに終わっていて、これからはミーセリングプロポジション(MSP)の時代。

サービスの中身(USP)ではなく、「誰が発信している情報なのか(MSP)」がSNS全盛の時代において最重要なのです。

USPからMSPの時代へ

例えば、元民主党の政治家が「これからは予防医学が重要だ」と国会で絶叫しても誰も見向きもしませんが、イチローが「引退後は予防医学の勉強をしようと思います」とポロッとつぶやくと、日本国民の99%が「そうだよな。予防が大事だよな」と納得するでしょう。

イチローは極端な例かも知れませんが、必死にクリニックの診療内容や独自性、差別性をアピールしても意味がありません。自由診療ならまだしも、そもそも通常の医療現場においては各診療ガイドラインを遵守する必要があるので、差別化してはいけないわけですから。

そうではなくて(医療の差別化ではなくて)、院長であるあなた自身の独自性・信頼性を高めてMSPを確立して地域医療のコミュニティリーダーとなり、ファンを獲得していくことで「のみ」行列が出来るクリニックが形成されていくのです。

コミュニティリーダーとMSP

病院集客コンサルタントを名乗る輩(やから)は、未だにUSPUSPと連呼していますが、「お前はDA PUMPか!」とツッコミたくなります。

SNS全盛、AI全盛のこの時代において、情報はあふれかえり情報そのものに価値はなくなっていて、「誰(me)が発信している情報なのか」が最重要で、そのためにMSPの概念を理解しておく必要があるのです。

そして、MSPを確立して経営を安定されるためにはGoogleマイビジネスの攻略は必須

SNSは思ったより集客に寄与しないので手を出さなくてもOK

ナース泉ナース泉

Twitterやfacebook、Instagram(インスタグラム)はいかがでしょうか?クリニックの集客のためにやったほうがいいのでしょうか?

プロ患者大原さんプロ患者大原さん

TwitterやインスタなどのSNSやyoutubeは運用が難しいです。特に薄毛治療の場合、SNSで有益な情報を発信してもそれが拡散されることはありません。そこまで力を入れる必要はないでしょう。

大原説明
集客専門を名乗る業者にだまされないで欲しいので解説しますが、SNSとコンプレックス商材(=AGAクリニックなど)は実はとても相性が悪いのです。

Twitter facebook Instagram line

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)は、自己顕示欲や承認欲求が基本となっています。もっと簡単な言葉で説明すると「いいね!」をもらえるようなものしか拡散されないということです。

例えば、「不倫しました」というツイートや、「水虫が出来ました」というツイートが流れてきて、それをあなたは自分のアカウントで拡散するでしょうか?

あるいは、「格安ウィッグで人前で頭を洗う方法」とか「わきがの治し方」といったツイートがあなたのTwitterやインスタグラムのアカウントに流れてきて、それに対して「いいね!」を押すでしょうか?押しませんよね。

スマホを見ながら首をかしげる男女

理由は明白で、もし水虫の治し方なるツイートをリツイートしたりしてしまうと、「あれ?〇〇さん水虫なのかな?」って疑われてしまい、疑われてしまうことを潜在的に感じ取って「いいね!」を押すことをためらってしまうのです。

AGAクリニックだったり皮膚科だったりを開業していて、有益な医療情報をTwitterでマメに流したとしても、そのクリニックの公式Twitterアカウントをフォローする人はまずいません。

なぜなら、フォローしていることがフォロワーにバレてしまうことを潜在的に恐れるからです。

これらの理由により、クリニックや病院などがTwitterやインスタグラムなどを運用することは「意味がありません」とまでは言いませんが、ほとんど意味がないので、どんなに業者に勧められても手を出さないでください。

ついでに解説しますが、ド〇ターズファイルやEP〇RK、新聞広告も集客にはほとんど寄与しません。

【新聞広告の例】
クリニックの新聞広告

ド〇ターズファイルは掲載してもらうだけで取材費込みで100万円近くとられます。それよりも1/10以下のお金でプロのカメラマンをクリニックに呼んで院内などを撮影してもらい、ホームページで使える素材を増やすほうがまだマシです。

SNSやド〇ターズファイル、新聞広告などで集客に寄与するケースはレア中のレアなので、それをやる暇とお金があるのなら、患者に向き合う時間だったり、公式ホームページの内容を充実することに労力を割(さ)いてください。

地域での集客には「Googleマイビジネス」への登録が必須

ナース泉ナース泉

大原さんが本業のネットビジネスで今一番店舗集客に貢献している施策は何ですか?

プロ患者大原さんプロ患者大原さん

間違いなくGoogleマイビジネスです。純粋なネットビジネスでは使えませんがクリニックのような店舗型ビジネスはGoogleマイビジネスの攻略が必須でしょう。

大原説明
「Googleマイビジネス」は、今Googleが最も力を入れている「Googleマップの充実」の柱となる施策です。

以前にgoogle+(グーグルプラス)という非常に冴えないSNSがありました。今はgoogle+を実質潰して、Googleマイビジネスとして生まれ変わらせています。

google-plus

まだ誰も気づいていないのですが、Googleマイビジネスは集客にものすごい威力を発揮します。

店舗を持っていれば個人でも法人でも誰でも無料で利用でき、Googleマイビジネスのコンテンンツを充実させることで、Googleやyahooのオーガニック検索(通常の検索)で上位に表示しやすくなるので、無料でできます。絶対にやるべきです。

googleの検索結果

Googleマイビジネスの登録方法

Googleマイビジネスは以下の3つを順番に進めて作り込んでいきます。

  1. Googleアカウントを開設
  2. Googleマイビジネスを新規作成する
  3. オーナー確認を済ませた後にコンテンツを充実させる(特に口コミやQ&A)

① Googleのアカウントを開設

googleアカウントの作成画面

Googleマイビジネスの利用には、Googleのアカウントが必要。

Gmailや、あるいはスマホでアンドロイドを持っている人であればすでにGoogleのアカウントを持っているはずなので、そのアカウントを使って大丈夫です。個人とクリニック用のアカウントを分けたいのであれば、下記のリンクから新規にGoogleのアカウントを取得してください。

② Googleマイビジネスを新規作成する

Googleのアカウントが作成できたら、次は下記のボタンからGoogleマイビジネスへ進んでください。

パソコンを多少使って業務をしたことがある人なら、なんとなく直感で作り込めると思います。そうでない人は下記の記事を参考に作り込んでください。

「オーナー確認」というのに1ヶ月近くかかるので、まずはできるところまで作っておいて、アメリカから届くオーナー確認用のハガキがくるのを待って、続きを作っていってください。

③ コンテンツを充実させる

Googleマイビジネスでクリニックの情報を掲載してGoogleマップに無事掲載されていることを確認したら、あとはGoogleマイビジネスでのコンテンツを充実させます。

すでに紹介した記事のリンク内で詳しく解説しているので詳細は省きますが、特に重要なのがQ&A(質問と回答)。

Q&A 質問と回答

ここに患者さんや患者さん予備軍の方に質問してもらい、それに真摯に答えていくことが大変重要ですが、「質問してもらう」というのが実は大変難易度が高いのです。

例えばあなたがスイーツ好きだったとします。愛媛の松山市でスイーツを探していてGoogleマップで気になるスイーツ屋さんを見つけて、そのスイーツ屋が解説しているGoogleマイビジネスの質問欄に質問するかというと、なかなか難しいでしょう。

ただ、実は攻略法(裏技)が存在します。ここでその攻略法を書いてしまうと悪用されてしまうので解説しませんが、どうしてもという方はこの先の記事を読み進めてください。

地域医療に貢献しているクリニック限定で完全無料で集客のやり方を教えます

大原解説クリニックを開設していて集客でもし悩んでいるとしたら、地域医療に貢献していると胸を張って言い切れるクリニックさんに限定して、Googleマイビジネスを使った集客方法などを個別でコンサルさせていただきます。

お金は一切いただかないし、バックエンド商品の紹介などもありません。

札束をふところに入れる男性

私は薄毛でずっと悩んでいて、ちゃんと診てくれる病院をずっと探し回った過去があります。調べれば調べるほど広告が上手で中身がない悪徳クリニックばかりがネット検索でヒットしました。

このような検索結果やネット広告で患者が救われるはずがないので、地域医療に貢献し患者ファーストで運営していると胸を張っているといえるクリニックさんであれば、無償のボランティアで集客のお手伝いをさせていただこうと思います。

kaminoke.love(カミノケドットラブ)は患者に正しい情報を伝えることを唯一の目的としています

そもそも、このブログkaminoke.love(カミノケドットラブ)は、間違った検索結果を是正するために生まれたようなものです。

メソセラピーやHARG療法なとどいった全く意味のない高額な治療を勧めるクリニックが上位表示されていると、薄毛が解消しないばかりか治療の痛みで逆に円形脱毛症になる被害も実際に出ています。

【メソセラピー】
AGAメソセラピー

自毛植毛においてFUE法は少量の移植にしか向いていないのに、メガセッション(大量の植毛)を平気で行う植毛クリニックがたくさんあります。

残念ながらこういった「正しい情報」は表になかなか出ないのです。それによって困るのは患者なのに、金儲け至上主義の美容クリニック業界で、当ブログのような存在は邪魔でしかありません。

袖の下を受け取る悪い医者

あなたのクリニックが、患者ファーストで正しい運営を行っているのなら、もっと表に出て、検索結果の上位に表示されてしかるべきです。

しかしネットビジネスというのは非常に攻略が難しく、医療をやりながら集客に没頭するようなことはできないので、正しいクリニックほど埋もれていってしまいます。

そうさせないために、真面目なクリニックさんに限定して集客(特にGooglマイビジネスの攻略)のお手伝いをボランティアでやらせてもらっているのです。

記事の中盤でも書いたMSPの概念についても徹底して教え込ませていただきます。

応募条件はクリニックを実際に開業していること

クリニックを開設していることが条件なので、基本的に対面のコンサルテーションです。

ただし遠方にクリニックを開設している場合は、クリニックの代表電話にこちらから一度電話させてくただきクリニックの存在確認をしたうえで、skypeやLINE電話などを使ってお手伝いさせていただきます。

テレビ電話

Googleマイビジネスでは簡単なホームページ作成機能もついており、わざわざ高額なお金を払ってホームページ作成業者に依頼することはありません。彼らは綺麗なホームページは作れても集約に関しては素人同然です。

繰り返しになりますが、真面目にクリニックを経営させている方限定とさせていただきます。真面目で患者にとって有益なクリニックの情報がネットを通じて広がれば、悩みを抱えたたくさんの人が助かるので、私としても本望なのです。

レンタルサーバーや独自ドメインの取得などの質問も歓迎いたします。がんばって地域医療に貢献したいと思われているクリニック経営者様がいましたら、この記事の一番下に申し込みリンクがあるので、お問い合わせください。

このブログは髪専門で、基本は皮膚科クリニックが支援の対象ですが、皮膚科でなくても地域医療に貢献しているという強い自負があるクリニックさんであれば、内科でも婦人科でも、整形外科でもかまいません。
※ただしあまりに数が多いと対応しきれないので歯科医だけは除外とさせてください

婦人科でエコー診断しているシーン

集客指導時は多少厳しいことを言うこともあると思いますが、がんばって付いてきてくれたクリニックさんには必ず集客の結果を出してみせます。

あなたのクリニックへの無償集客支援お問い合わせ先

こちらからの返信は@yahoo.co.jpから行いますので、1週間経過しても返信がない場合は迷惑メールボックスを必ず一度確認してみてください。

それとともに、PCからのメールを受信できるようメールの設定変更を必ずしておいてください。