業務提携できるクリニックさんを募集中。皮膚科・循環器・泌尿器・婦人科をされていて医師倫理観が高すぎ逆に集客に行き詰っている医院を優先いたします
この記事に書いてある事
  • AGA治療をしている(これからでもOK)クリニックさんを無償支援します
  • お金儲けではなく患者さんの為に真面目に行動できる医院様「のみ」が対象
  • 当ブログの監修医か運営者に医院名を記載していただく事が提携の条件
  • 会計と経営は完全分離し管轄する行政府(都道府県や市町村)に正式に届出します
  • 患者さんを救う為であれば業務拡大支援(特にweb集客)は惜しみません

姫野先生こんにちは。当ブログkaminoke.love(カミノケドットラブ)主筆の姫野と申します。

当記事は、医療従事者、特に皮膚科か循環器内科、泌尿器科、あるいは婦人科クリニックを経営していて、思ったように集客できずに伸び悩んでいる医院様向けのものです。

ただし、当ブログがどういった目的をもって運営しているかが良く分かると思うので、薄毛で悩んでいる方に「私たちブログ運営者の想い」もストレートに伝わるのでは?と思いながらペンを走らせています。

募集しているのは、当ブログのパートナーになっていただくことができ、薄毛で悩む人に寄り添い治療で助けたい、という医師倫理観の高いクリニックさんです。

こちらがご提供できる価値は集客で、お金は一切いただきません。その代わり真面目に、本当に真面目に実直に薄毛患者さんと向き合っていただけるクリニックさんの集客を支援することで、結果として薄毛で悩む人を一人でも救いたい、そんな想いをもっています。

AGA治療をしている(これからでもOK)クリニックさんを無償支援します

当ブログにはたくさんの薄毛相談の問い合わせがあり、その多くが「どこで治療すればいいか分からない」「信頼できるクリニックが見つからない」というものです。

各記事をご覧になるとお分かりいただけると思いますが、AGAクリニックや植毛クリニックが絶対にできない行動を私たちはとっています。

絶対にできない行動とは、「患者ファースト」です。

患者ファーストとは余計なものを売らないこと、勧めないこと

薄毛治療(女性の薄毛も含む)に必要なことは、公的機関(公益財団法人日本皮膚科学会)が定めた診療ガイドラインで定められています。

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版

ここに書かれていること以外やってはダメとは言いませんが、医学的根拠がないので発毛させることはまず無理です。

例えばメソセラピーやHARG療法、毛髪再生医療や幹細胞という単語を使った怪しい治療、各種サプリメント類などは、それ単体では絶対に発毛させることはできません。

メソセラピーを例にして説明します。

【メソセラピー】
AGAメソセラピー

メソセラピーは、針を使い毛根付近に発毛成分らしきものを注射する治療法です。最近では針を使わない代わりに微電流を流して成分を頭皮内に浸透させる機器も出回っています。

育毛剤と発毛剤は、成分の内容や成分濃度ではなく「接触頻度」が大変重要で、メーカー(大正製薬など)が1日2回の利用を推奨しているのはそのためです。

ところが、メソセラピーは患者さんがクリニックに通う必要があり、月に1回しか施術できません。毎日2回使用するのを「最低ライン」にしているのに、月に1回の施術で髪の毛が生えてくるわけがないのです。

もしこれで発毛するなら、既に厚労省の認可が下りて、ノーベル賞も夢ではないでしょう。

メソセラピーにはカラクリがあり、脱毛予防薬(フィナステリドかザガーロ)と発毛剤(ミノキシジル)と必ずセット治療になっています。

実はメソセラピーで発毛させているわけではなく、フィナステリドやミノキジジルの力で発毛させているにもかかわらず「プラスαでメソセラピーをやれば発毛しますよ?」と患者にささやき、高額な契約を結ぶ悪徳クリニックが本当に多いのです。

悪いクリニックになると、薬価を下げるだけ下げておいて患者さんを集めたうえで、言葉巧みにメソセラピーなどの高額治療に誘導しています。

美人の女性を雇いカウンセラーに育て、インセンティブ契約にし、メソセラピーなどに誘導することも多くのAGA専門クリニックで行われている手法です。こんなことを絶対にやってはいけません。

美人カウンセラー

こういうことをやっているクリニックは私は大嫌いで本当に許せません。許せないのですが、メソセラピーは本当に大きなお金を稼げるのでほとんどのAGAクリニックで行っているのが実態です。

自毛植毛クリニックでも、FUEという構造的欠陥を抱えた手術法が「稼げるから」という理由だけで国内に蔓延し、多くの薄毛患者さんが騙されて泣いています。いったいどこを向いて治療をし、何のために医師になったのでしょうか。

【FUE植毛】
FUE植毛 パンチ

AGAクリニックは過当競争で広告費が異常にかかります

薄毛治療は技術的な難易度が低いので、医師免許さえあれば誰でも参入できます。

やることは、フィナステリドとミノキシジルの処方、それに加えて血液検査と心電図検査による経過観察のみで99%完結、というシンプルなもの。

【フィナステリド】
ファイザー製フィナステリド

【ミノキシジル外用薬】
ミノキシジル外用薬

実際大手AGAクリニックに在籍している医師は、門外漢(眼科や耳鼻科、形成外科、麻酔科など)が多いのです。

つまり参入のハードルが非常に低いので、AGAドリームを夢見て多くの医師が参入し、過当競争に陥っています。

治療の差別化が難しいので、どこで差別化するかというと「ネット広告」です。綺麗なホームページを作り、googleやyahoo、あるいはアフィリエイターにお金を払いネット広告で集客します。

メソセラピーが蔓延してしまう理由にもなっていますが、ネット広告はお金がかかるので、広告費を回収するために余計な治療法を患者に勧めるしかありません。

「ビタミンEと亜鉛を処方しましょうか」

などともっともらしい顔をして、発毛には一切関係のないサプリメント類を追加して売りつけるなど、手口は巧妙です。

藁にもすがる気持ちでクリニックを訪れた人は、白衣を着た医師の言葉は無条件に信じてしまいます。その患者の心理に付けこむ悪い医者が本当にたくさんいるのです。

ビタミンEと亜鉛を勧めてくる男性医師

熱くなって話が大幅に脱線してしまい、申し訳ありません。募集要項に話を戻します。

募集させていただくのは、

  • 皮膚科
  • 循環器内科
  • 泌尿器科
  • 婦人科あるいはホルモン治療をやっているクリニック

この4つで、すでにAGA治療を真面目にやっていらっしゃるところは募集対象にピッタリで、さらに上記の診療科に当てはまり「AGA治療に参入したい」というクリニックさんも今回の募集対象です。

AGAとFAGA(女性の薄毛)は、頭皮の疾患なので皮膚科が専門ですが、AGAもFAGAもホルモンの誤作動が原因なので、泌尿器科や婦人科などのホルモン療法を手掛けられているクリニックさんは薄毛治療の基礎知識は皮膚科医以上とも言えます。

また、ミノキシジルという薄毛治療で必須の発毛成分は、細動脈と冠動脈に作用する薬なので、循環器に副作用が出ることがあります。

【経口薬タイプのミノキジジル】
ミノキシジルタブレット

そのため循環器内科に勤務している医師は、実は貴重な存在です。クリニックにすでに心電図検査の機器が置いてあるなら「即戦力」となります。

循環器に関して甘い認識を持っているAGA専門医は非常に多く、患者に重篤な副作用を引き起こし訴訟になるケースも起こっているのです。循環器内科を経営しているクリニックさんは、AGA治療を診療科として追加するのは相性抜群で経営も安定すると思います。

心電図を計っている老人

お金儲けではなく患者さんの為にド真面目に行動できる医院様「のみ」が対象

姫野先生脱線がひどくて本当に申し訳ありません。提携の中身に移らせていただきます。

こちらが提供できるのは無料のウェブ集客支援であることはすでにお伝えしました。反対に私たち(≒当ブログ)がいただきたいものは、当ブログの監修医になっていただくことです。

本来であれば私たちがクリニックを立ち上げればいいのですが、私は旅行以外ではアメリカから動けないので、日本では何もできません。

日本で医師免許を持った人間が当ブログの運営関係者には一人もいないので、クリニックを開設することはできないのです。

当ブログの内容には自信と誇りを持っています。それは、各記事を読んでくださればすぐに分かるでしょう。患者ファーストを行っている日本で唯一の薄毛専門サイトと言っても過言ではないと思っています。

ただし、運営側に医師免許を提示できる人間がいないというのは大きな痛手です。ブログ記事を読んでくださった方からすると「で、誰が書いた記事なの?」という疑問を抱く人が一定数出てきます。

どんなに内容が素晴らしくても、どんなに真実をついていても、「誰が書いたか」はある種内容以上に重要視する人がいるのが現実で、今回の募集で提携していただけるクリニック様には当ブログの監修医になっていただきたいのです。

監修医になることのメリット

監修医になることの最大のメリットは集客です。

アクセス解析をしていると、当ブログの記事を見た方の多くが、運営者情報を必ずといっていいほど見に行っているのがわかります。

閲覧数が最も多いのはトップページで、その次が運営者情報のページです。

アクセス解析

その運営者情報に御クリニックと院長様の名前が記載されていれば、記事を深く読んだ人は該当のクリニックに自然に足を運ぶことになるでしょう。

無駄な広告などを打たなくても半自動的に集客ができます。これが当ブログの監修医になることの最大のメリットです。

こちらから提携解除させていただくこともあります

集客がうまく行き始めて経営が安定してくると、「もっと儲けよう」という気持ちが出てしまうかもしれません。

例えばクリニックの店舗を増やすなどであればいいのですが、メソセラピーなど患者さんにとって有害なものをメニューに加えた場合は、残念ながらその時点でパートナーシップは解消させていただきます。

私たちがやりたいことはたった一つ。薄毛で悩む患者さんを一人でも多く救うことです。

患者さんを救うためには、このブログは大きく成長する必要があります。真面目に経営してくださるクリニックさんが必要なのです。

日本国内に患者ファーストを実践している真面目なAGAクリニックはほぼ一つもないので、日本で唯一の存在を目指してくださるクリニックを、と思っています。

患者ファーストを実践していれば、短期的には無理でも、お金は後から必ず付いてくるものです。逆に患者を裏切るような行為は、短期的には大金が入ってきても、10年20年30年と長期的に見れば驚くほど稼げる額が少なくなり、患者さんを裏切る以上、医師になった意味に疑問を持ち幸せな人生を送ることはできません。

繰り返しになりますが、真面目に実直に患者ファーストを実践していればお金は必ず後からついてきます。「絶対」に経営はうまく回るでしょう。

なぜなら、真面目にやっている限りは私たちが集客支援を行うので、広告を出さなくても患者さんが全国から集まるからです。

「こんなに患者が集まるなんて思ってもいなかった。忙しすぎて辛いかも。」というある種幸せな悩みを感じていただければ、提携の意味があったと思えます。

行列ができる病院
Source:http://fanblogs.jp/kttera/archive/162/0

会計と経営は完全分離し管轄する行政府(都道府県や市町村)に正式に届出します

少し実務的なお話をさせてください。

正式に業務提携できた場合、クリニックが立地している行政府(都道府県や市町村)に正式に届出をします。

私たち(弊社)側は、いわゆるMS法人と言われる形で、提携していただいたパートナークリニックさんと共に歩んでいく予定です。

届け出をするからといって、クリニックの運営に何の制約も出ません。むしろ行政が間に入ることで安心感も生まれるでしょう。

また、クリニックさん側の経営に入りこむようなことは一切ありません。

よくある手口で、看護師や経営スタッフ、事務員を入り込ませて少しづつ実行支配していくグレーな人たちもいますが、今回のパートナーシップでは、双方で不可侵条約的な契約を結びたいと思っています。

クリニックがいくら儲けても経営や会計には一切関与しないので、その点はご安心ください。

ただし薄毛で悩んている人を裏切るような行動をとっていることが判明した場合は、即集客支援は打ち切らせていただくのでご留意ください。

契約書を破る

患者さんを救う為であれば支援は惜しみません

今現在、AGA治療を行っていなくても、皮膚科・循環器内科・泌尿器科・婦人科での治療経験があれば、AGAクリニックは問題なく開業できると思います。

とはいえ、

  • 具体的に何から始めればいいか分からない
  • 薬は何を処方すればいいの?
  • 治療の順番は?
  • 副作用は何を見ればいい?

等々、疑問点があるかもしれません。そのような場合は、「一度お問い合わせください」とお伝えしたいところですが、まずは当ブログの記事に目を通してください。

患者さん向けに書いていても、薄毛対策に必要な知識や方法は全て網羅してあるので、何をやればいいかはこのブログの各記事を一通り読んでいただければ、必要な知識の9割以上は手に入るはずです。そのように設計したブログでもあります。

また、各記事を読んでもピンとこなかったり、どうしても対面がいいという場合は、AGA治療に関しては「プロ患者」の大原さんに出向いてもらいますので、希望があればおっしゃってください。

クリニックを患者がどういう視点で見ているかは、私たちにはむしろ分からず、全国1,000箇所以上ある薄毛治療院のほぼすべてを取材して回った兵(つわもの)中の兵である大原さんが適任だと思います。

歩く営業マン

グレーな商売をしているAGA専門クリニックや自毛植毛クリニックから一番恐れられているのは「AGA業界の週刊文春」とも呼ばれているこの方(大原さん)です。

大原さんは細かい血液のデータ分析や心電図検査のやり方などは説明できなくても、それ以上に大事な「薄毛はどうやったら治るのか」を誰よりも知っています。

AGA治療薬の服用歴は15年を超えており、植毛も2度行っていて、ウィッグや増毛に至るまで本当に何でもご存じです。

真面目で行動力抜群なので、当ブログでも本当に頼りにしています。

また、AGA治療の名医中の名医の先生をよく知っており、ご紹介することもできるでしょう。

患者さんにしっかり向き合ってくだされば、集客はこちらで責任を持って支援いたします。さらに患者ファーストのための業務拡大を行いたい場合は、そのお手伝いも提携の中に入れる予定です。

本当に繰り返しで申し訳ありませんが、患者ファーストであることが絶対条件なので、その点をしっかりご理解いただいたうえでお問い合わせください。

胸に手を当てて考える医師

問い合わせはコメント欄へお願いいたします

この記事に関するお問い合わせは、下にスクロールしたところのコメント欄に直接書き込んでいただけると助かります。コメントは承認制になっており、第三者が内容を見ることは絶対にありません。

コメント欄に抵抗がある方はこちらからお願いします。

返信する際にこちらから送らせていただいたメールが迷惑メールボックスに入ってしまうことや、記載されたメールアドレスが間違っていることが時々あり、1週間以上経過しても返信が届かない場合は、ご自身の迷惑メールボックスを確認したうえで、お手数ですがもう一度コメント欄に投稿してください。

PCメールからの返信なので、スマートフォンのメールアドレスでPCメールの受信を拒否設定している場合、連絡が取れません。下記コメント欄からお問い合わせをしていただくと、そのような行き違いも防げます。

薄毛で悩む患者さんを救うために共にがんばりましょう。心からお待ちしております。

姫野